壱 柚子胡椒 岐 ゆず 島

最後かもしれない商店

最後かもしれない、ブログ

SAIGO KAMO SHIRENAI BLOG
波

最後かもしれない商店の商品が買えるお店(2017.7.7現在)

『最後かもしれない商店』の商品を取り扱って下さっているお店です。

2017年7月7日現在の情報です。

≪追記のお取引先様≫

◎2017年5月~DEAN & DELUCA様(福岡店、アミュプラザ博多店、京都店での【九州セレクト企画】の一品として、お取り扱いいただいています)

◎2017年4月~まるごとにっぽん様(3Fたいけん広場 浅草にっぽん区。おすすめふるさと壱岐市のPRスペースで販売していただいています。住所は東京都台東区浅草2-6-7)

◎2017年3月~平山旅館様

◎2017年2月~やすらぎ伊王島様

 

デジマグラフデザイン

【壱岐市内】

みなとや ゲストハウス様』

とても素敵なオーナー夫婦が営む壱岐初のゲストハウス。釣り師の漁志さんと海女の香菜さん夫婦です。お二人に会うだけでも元気になれる、壱岐のオススメ新名所、人気スポットでもあります。

長崎県壱岐市芦辺町芦辺浦258
☎0920-40-0190
みなとやゲストハウスFacebook

 

『Cafe&雑貨「K’s」様』

元パティシエの店長さんが作るお菓子や、美味しいコーヒーに、可愛い雑貨が楽しめるお店です。インスタの写真がいつもかわいくて、つい欲しくなっちゃいます。そして何より、店長さんがとても気さくで感じが良い女性なので、個人的に壱岐の癒されスポットのひとつになっています(笑)

郷ノ浦町片原触1697(弁天崎公園横)
☎920-47-5800
Cafe&雑貨「K’s」Facebook
インスタグラム

 

平山旅館様』

カリスマ女将のいらっしゃる旅館。私も壱岐に来る前から噂は聞いていて、いつかお会いしてみたいと思っていました。実際お会いしてみたら、想像以上のパワフルな女将さん!あの松岡修造さんからも「壱岐のパワースポット」と言われるくらい(笑)温泉の成分もすごく強く、また、子宝の湯とも言われています。女将の無農薬野菜や大将が釣ってきた魚が食べられる食事内容をはじめ、移住3年目のパワー溢れる若女将もいらっしゃって、温泉と食と女将・若女将に元気をもらえる、そんな素敵な壱岐の旅館です。

壱岐市勝本町立石西触77番地
☎0920-43-0016
平山旅館Facebook

【長崎市内】

ながさき百貨店様』

「長崎で日本全国のスグレモノに出会う。長崎のスグレモノを日本全国に発信する。ヒト・モノ・コトの出会いの場、それがながさき百貨店。」というコンセプトの素敵なお店。まだ行けてないけれど、いつか必ず行きたいと思っているお店です。

長崎市浜町8-30タナカヤ本店1F
☎095-825-4359
Facebook

長崎温泉やすらぎ伊王島様』

やすらぎ伊王島内にある「やすらぎ市場」でお買い求めできます。敷地面積10,000㎡以上のリゾートホテルということで、キッズガーデンや、酵素風呂、オリーブ公園があるなど、とっても楽しそう!手づくりマルシェのイベントも開催されてあったり、壱岐にもこんなホテルあったらいいなぁとうらやましく思っています(笑)ここにもいつか子供を連れて行ってみたいと思っています。

長崎市伊王島町1丁目3277-7
☎095-898-2202
やすらぎ市場Facebook
やすらぎ伊王島Facebook

 

【福岡市内】

生産者直売所 大地の家族様』

福岡市内にありながらも、久山、古賀、杷木などの生産者の野菜・果物が買える生産者直売所。長浜市場直送の新鮮でお買い得な鮮魚と寿司・惣菜のお店「二の金」がおすすめです。100円惣菜の数々にビックリです!

福岡市東区青葉2丁目11-6
☎092-674-8808

 

【ネットショップ】

『最後かもしれない商店』

ショップサイト

 

【最後かもしれない商店】って?

最後かもしれない商店についてはコチラをどうぞ。

 

見かけましたら、どうぞよろしくお願いいたします(*‘∀‘)ノ

食が豊かな壱岐島。高齢化、人口減少を抱え、いつまで手に入るかわからない商品が多数あります。

私たちの仕事は、壱岐島の「これが最後かもしれない商品」の魅力と、生産者であるおじーちゃん、おばーちゃんの知恵や、小さな農業を伝えること。その営みが続くように応援し、ゆくゆくは後継者となる人の出会いを引き寄せたいと考えています。目指すは「最後にならなかった商品」が壱岐島に生まれることです。